忍者ブログ

2020

0405
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017

0406
こんにちは、うさぎです(・∀・)



出産編と名付けていいのかわかりませんが、こーくん入院編です。
今回で出産関連は終わりです!
あ、入院中や退院後に買い足したものや役に立ったグッズは別途まとめようと思います。
人にもらったものが活躍してます\(^o^)/

※出産レポ各編はカテゴリ:出産レポからも読めます。
出産レポ1:陣痛編はこちら→
出産レポ2:入院(破水)編はこちら→
出産レポ3:分娩編はこちら→
出産レポ4:後産編はこちら→



3/18 出産当日
8時
細切れに寝ていたところ、先生が朝イチで訪問。
出産後の状況を見に来てくれたのかな?と思いきや…
こーくんを総合病院へ搬送するという話でしたΣ(゚Д゚)

えっ!?どういうこと!?

出産直後、少しゼイゼイいっていたこーくん。
保育器に入っていて、酸素を保育器に入れていたそうです。
その後状態が落ち着いたので酸素量を減らしていったところ、また呼吸が荒くなったんだとか。
酸素マスクをするまではないものの、酸素量を減らすと呼吸が荒くなるように見えるので、総合病院で検査したほうがいいだろうとのことでした。
ただ、保育器内であれば顔色もいいしよく動くので、多分一時的なものですよ、とのこと。

念のため、という感じだったので、ちょっとだけ安心しました。
保育器から出せないので、救急車で搬送することに。
私は動けないので見送れませんでしたが、窓の外に救急車のサイレンが聞こえました。
数時間前にちらっとガラス越しに見ただけで、もう別の場所に行ってしまうのか…と寂しくなりました。
退院まで会えないのかな(´・ω・`)

総合病院で手続きをする人が必要なので、母に電話(旦那は寝ていたので)。
母は起きていたのがわかっていたので、母に事情を説明して旦那を起こしてもらいました。
3時に寝たばかりなのにごめんよ…
私は先生に直接説明してもらいましたし、ネットで調べて、新生児が一時的に呼吸が荒くなることはあるようだとわかっていたので落ち着いていました。
が、旦那は寝起きで「こーくんが総合病院に搬送された」のキーワードが強く残ったみたいで、だいぶ不安そうでした。



9時
母が、旦那を総合病院へ送ったあと顔を見に来ました。
検査に1時間くらいはかかるので、旦那を一度置いてきたそうです。
ちょうど朝ごはんの時間だったので、食べ残した分は母が食べました笑
いや、座っているだけでももうフラフラだったんですよね…
後でわかりましたが、貧血になっていました。
入院中はずっと貧血の薬を注射され、現在も薬を飲んでいます(;´∀`)



11時
総合病院へ行っていた旦那が産院へ来ました。
進捗が一切連絡なかったので少しハラハラしていましたが、NICUで待機していたために電源が入れられなかったみたいです。

旦那から聞いたこーくんの状況は…
まさかの、すでに保育器から出ているそうΣ(゚Д゚)
というのも、総合病院に搬送されてからは呼吸について問題がなかったそうで。
保育器から出ていても元気そうなんだとか。
色々検査はしたものの、ストレスがかかったときに上がる値が高いくらいで、大きな問題はなし。
様子見のためしばらく入院、ということでした。

想像以上に元気だったこーくんに、旦那は思わずNICUで泣いていたそうです(*´艸`*)



その後、旦那は毎日総合病院へ通うことに。
もともと出産後1週間は滞在できる予定でよかったです。
旦那は毎日動画や写真を携帯で送ってきてくれました。
毎日、「いつ退院?」と聞く私でしたが、病院も3連休の間は様子見から変わらずorz
まだ会えないのか…と動画を見ながら寂しく思っていました(´;ω;`)



3/20 0m2d
外出許可をとって私もこーくんに会いに。
まだ体力も戻っていないのでフラフラしながら行ってきました。
やっと生で会えて抱っこもできて、私もウルウルしてしまいました。
この日から搾乳を始めます。
授乳室で搾乳していたんですが、新生児室の隣なので、赤ちゃん達を見ながらまた少しさびしくなりました。


3/21 0m3d
また外出許可をとってこーくんに会いに。
昨日はフラフラだった私ですが、だいぶマシになっていました。
旦那に「母の力だね」と言われます(*´艸`*)
ここでようやく退院のめどがたちます。
3/24くらいには退院できるでしょう、となりました。
平日になったので主治医の先生がようやく判断してくれた感じですヽ(=´▽`=)ノ
点滴も外れて、モニターだけついている状態でした。
この日は直母で授乳しました。


3/22 0m4d
私は退院。
総合病院で育児練習をしました。
明日退院できるかもしれないので、明日は退院準備をしてきてねと言われます。


3/23 0m5d
朝イチで病院に行ったところ、「今日で退院OK!」と主治医の先生に明るく言われるヽ(=´▽`=)ノ
午前中に沐浴や授乳をして、午後には退院しました!
初めて抱っこしながら車まで行ったり、家に帰ってからも少しぐずったらおむつ!?母乳!?ミルク!?とアワアワしました笑

ちなみに、実家のチャイルドシートには怖くて載せられませんでした…
だって首ぐにゃぐにゃなんだもん…
結局抱っこして家まで帰りました。
このチャイルドシートは親戚からのもらいものなんですが、あとで調べたら新生児用のインサートシートがありませんでした\(^o^)/
だから不安定だったのか…



こーくん入院編は以上です。
NICUの看護師さんや先生は皆優しくて、赤ちゃんとニコニコ接していてとても素敵な人たちでした。
また、こーくんは元気(様子見されていただけなので基本健康)だったしおとなしかったのもあって、看護師さんたちにも可愛がられていたようです。
退院後もいつでも電話してね、と言ってもらえて本当に心強かったです(´;ω;`)



入院中のこーくん


現在はのびのび過ごしております!






ぽちっとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

2017

0329
こんにちは、うさぎです(・∀・)



こーくんが寝てくれた今のうちに更新!
昨日は1日よく寝てくれて、沐浴しても着替えさせても爆睡でした笑
むしろ私のおっぱいが先に張るので、起こして飲んでもらう始末(;´∀`)
その分、夜は覚醒モードで1時間起きに授乳していました。
そしてまたスイッチが切れたように眠っています。
よしよし、このまま寝ててね!(*´艸`*)

出産レポ1:陣痛編はこちら→
出産レポ2:入院(破水)編はこちら→
出産レポ3:分娩編はこちら→



3/18 40w4d 出産当日
0時半
産まれたあとの我が子は、助産師さんの処置の間ほぎゃーほぎゃーと元気に泣いていました。
が、その後私のところに抱っこされにきたときは少し呼吸が苦しそう。
ゼイゼイ言っていました。
「狭いところに長くいたから、少しストレスがかかったみたいです。保育器に入れますね」
先生にそう言われ、抱っこできたのは一瞬でした。
大丈夫かな、とちょっと心配に。

母は我が子の様子を見に新生児室へ。
ここで父もずっと病院にいたことを聞かされました。
一度も分娩室には入ってこなかったそうですが、もう産まれるかも!?と思って帰りそびれたんだとか。
ずっと外の椅子に座って待っていたそうです。
約5時間も待ってくれていたなんて、とちょっと感動してしまいました。

この後胎盤が出てきて出産完了となりました。
胎盤見ますか?と言われ、興味本位で見てみました。
へその緒を先生が引っ張ると、お腹がそれに合わせてぼここっと動き、白っぽい青紫がかった塊が出ていきました。
赤いレバーのようなものだと勝手に思っていたので、想像と違ってびっくり。
あと、思ったより小さかった。
血が嫌いなはずの旦那も結局ばっちり見てました。



1時
後産処理。
胎盤が出ていった後も、血などを出すためお腹をぐいぐい押されます。
これが陣痛とは違った種類の痛みで、まぁ痛いんです(´;ω;`)
押される度に、うっうっ!と唸っていました。
先生は「お産の方が痛かったでしょ〜」と言っていましたが、もうお産終わって気が抜けてるので耐えられないんです!と反論したかった…
我が子のために頑張るのと、ただ痛いのではこんなに違うものなのかorz

また、会陰も縫合されますがこれも痛い。
針で刺す痛みより、糸を引っ張られる方が痛かった。
しかも、切開した箇所は1箇所でしたが、2箇所裂けてしまったので縫合は3箇所でした…
そのうち1箇所は内部だったので、めちゃめちゃ痛かった(´;ω;`)
この内部の縫合箇所は1週間以上経った今でも時折痛みます…

最後にお尻に力を入れられるか確認して処理終了。
このまま2時間ほど待機になりました。
我が子や胎盤が出ていった後のお腹は、ふにゃふにゃのしわしわ(笑)
なんじゃこりゃーと思いつつ、自分のお腹にもお疲れ様と言いたい気持ちでした。



分娩室に来た最初は、旦那に下半身を見るなと言っていましたが、結局後半はカバーもなにもないまま出産したので、旦那は我が子が出て来るところもばっちり見ました。
血が怖いタイプの人ですし、出産立ち会いがトラウマになる人もいると聞いていたので、恐る恐る感想を聞いてみました。

「立ち会う前までは正直怖かった。
 陣痛に苦しんでいるときも、退室しようか正直迷ったし。
 でも、頑張っている姿を見てだんだんどうでもよくなって、ただ一緒に頑張ろうと思った。
 こーくんが出てきたときは本当に感動した。
 トラウマなんてない。本当におつかれさま」

なんだかきりっとした顔でこんな感想を言ってくれました(*´艸`*)
正直、旦那が傍についてくれていなければ最後まで頑張れなかったと思います。
この人と赤ちゃんに会うんだ!という気持ちがモチベーションになっていたので。
途中で退室されなくて本当によかった。



ここで旦那、両親は帰宅。



3時
また出血確認のためお腹をぐいぐい押される。痛い(´;ω;`)
そういえば陣痛促進剤の点滴はずっとされたままだったんですが、子宮の戻りを促進するため入れっぱなしだったそう。
子宮の戻り具合はなかなかよいとのこと。
おへその下あたりまで戻っているらしい。
胃の下あたりまであったはずなのに!すごい!

寝ているときは会陰の傷だけが痛かったのですが、起き上がろうとするとお腹がズキズキ痛い。
車椅子への移動がかなり大変でした(;´∀`)
部屋への移動中に新生児室に寄り、我が子とガラス越しに対面。

部屋に戻ったものの、会陰と股関節とお腹と、色々痛くて眠れず。
ブログを更新するなどして過ごす。
明け方トイレに立つものの、フラフラしてほぼ這いずりながら行く羽目に。
会陰の傷が怖かったですが、とくに問題なしでした。ちょっとしみるくらい。
産褥パッドは生理2日目くらいで、想像よりどばーっとした量ではありませんでした。




我が子入院編まで書けませんでした(;´∀`)
次回で最後です!






ぽちっとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

拍手[1回]

2017

0328
こんにちは、うさぎです(・∀・)



ついにこーくんも生後10日を迎えました!ヽ(=´▽`=)ノ
2桁も経ったなんて信じられない…
気づいたら1ヶ月なんてあっという間に経っていそうです。
日々の変化をメモしないと忘れそう。



ということで、段々記憶も薄れてきましたが出産レポ第三弾です。
次で終わると思います!

出産レポ1:陣痛編はこちら→
出産レポ2:入院(破水)編はこちら→



3/17 40w3d 入院当日、出産前日
21時
分娩台に上がった途端陣痛はかなり強くなってきて、深呼吸が難しくなっていました。
息をゆっくり長く吐くよう言われるものの、痛みに声を出してしまってうまく吐けない( ;∀;)
なんとなく下半身に力を入れちゃだめだ!と思っていて必死に逃す。
が、息をとめなければ力を入れていいと言われる。
それがお産をすすめることになるんだとか。
早く言ってよ!!!!と心の中で叫ぶ。
この2時間必死に逃してたのに!!( ;∀;)

かなり辛いのに、この時点で子宮口は8センチから変わらずと言われる。
すでに分娩台に上がって2時間くらい経っていて、なのに変化なし?
いつこの苦しみが終わるのか?と一気に心が折れ、「もう無理だよ〜〜〜(´;ω;`)」と弱音を吐く。
母が見かねて、「何か処置しないんですか?」と聞いてくれる。
あれ、母いたんだ。
どうやら旦那と一緒に付き添っていたらしいです。
旦那は手を握っていてくれたので気づきましたが、母は頭の方にいたので全く気づいていませんでした。
看護師さんは「赤ちゃんの心音は元気だし、吸引は赤ちゃんがもっと下りてこないとできない。陣痛促進剤はできますが、お母さんの体力も落ちてきているので一度休憩したほうがいいかも」とのこと。
でも私は体力も辛いけど長期戦のほうが辛いと思ったので、なんでもいいからやってくれ!という気持ちで促進剤をお願いしました。

休憩しても身体はつらいし、身体を置いて精神だけ休憩したいな、とかわけのわからないことを考えていました。
降りられないめっちゃ怖いジェットコースターに乗っている感じ。
このジェットコースターに乗ったのは妊娠判明からだったんだな…
こんな痛みが待っているなんて想像してなかった。
いっそ切ってもらったほうがマシなのかな、と考え始める。

陣痛促進剤を入れてからさらに痛みが増して過呼吸気味に…
息を吸うばっかりでうまく吐けない( ;∀;)
酸素マスクを着けられる。
ここらへんからどんどん時間感覚は曖昧に。



22時
先生が来て、下半身もカバーがつけられたりショーツが外されたり準備される。
てことはもう産まれるのか!?と必死な頭で期待。
でもまだ子宮口9.5センチ。
全開じゃないのでいきめないとのこと。
まだかよ!!!と、また心が折れる音がしました…(´;ω;`)



22時半
ようやく全開になり、いきんでよし!と言われる。
息を止めて、お尻に力を入れる感じ。
お尻に助産師さんが手を当てていて、「ここ!ここに力を入れるの!」とアドバイスしてくれる。
おへそを見る感じに力を入れるので、いきむタイミングで旦那が背中を支えて起こしてくれました。
これがあるのとないのでは大違い。
旦那がいてくれてよかったです。

いきむってどんな感じかなと思いましたが、やってみると、陣痛を逃していたときより全然楽でした。
というより、終わりが見えたことで精神的に楽なのもあるかも。
だけど、赤ちゃんの心拍が下がったときや、陣痛が弱いときはいきんじゃだめと言われるので、これが本当につらい(´;ω;`)
いきんだ方が楽だと知ってしまっているので、逃すのが辛く、ベッドのバーをガタガタいわせるほどに握りしめていました。
のちにこれが原因で手を痛めます\(^o^)/

ここからはひたすらいきむ、逃す、の繰り返し。
あとで旦那に聞いたところ、2時間かかっていたそう。
ちなみにちょっとだけ出ちゃいけないものが出る感覚がありました…
助産師産がささっと拭いてくれたし、事前にお通じもあったから1回あたりの量は少なかったけど、いきむたびに拭かれました\(^o^)/

途中、じゃりっとした感覚が股にあたり、頭が見えてきたと言われる。
多分髪の毛だな、とどこか冷静に思う。
このじゃりっとした感覚がまだまだ小さかったので、これが頭だとしたら直径10cmってどんだけ先なの!?とまた絶望する(´;ω;`)
いきむけどそのじゃりっとした感覚はなかなか広がらない。
先生も何回か会陰切開しようとするが、たぶん広がりが足りていないので切らなかった。

何十回目かいきんだとき、ようやく先生が会陰切開する。
痛いというより熱い感じ。
「次で出そう!」と先生に言われ、よし最後だ!と思っていきむ。
…が、結局そこからまた数回いきむ羽目に。
まだ!?と思っていましたが、もうここまで来たらやるしかない!



3/18 40w4d 出産当日
0時半
体力もなくなってきて、気が遠くなりそうでした。
これで最後だ!といきんだら、助産師さんがぐいっと指を入れて我が子を引っ張り出しました。
ずるずる〜と熱い塊が出て行く感触。
「えっえっほんとに?(本当に出てくるの?)」と今更なことを言う私。
思わず凝視したら、赤黒い我が子の姿が。
少し口の中を吸引されて、その後「おぎゃー!」と元気な泣き声を聞かせてくれました。
その声を聞いた瞬間、何度も心が折れたことや身体の痛みが、ふわぁ〜っと消えていく気がしました。
浄化された感じ(笑)
隣の旦那を見たら、泣きながら「ありがとう、おつかれさま」と言っていました。
ここからは私も涙が止まりませんでした。
終わった。我が子の泣き声も聞こえてくる、元気だ。
それだけで頭の中はいっぱいでした。

頭の方を見上げれば、母も涙目でおつかれさまと言ってくれました。
時計は0時半。
こんなに長い間、母も付き添っていてくれていたんだなぁ。
あとで聞くと、母は途中何度か退席していたそうです。
あまりに辛そうで見ていられなくなったんだとか。
自分が体験している痛みな分、子供が苦しんでいるのが余計つらかったのかもしれないですね。
ちなみにお義母さんも、お義姉さんの出産のとき同じように思ったそうです。



次回は後産&我が子入院までを書きたいと思います。







ぽちっとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

拍手[3回]

2017

0326
こんにちは、うさぎです(・∀・)



少し間があいてしまいましたが、出産レポ第二弾です。
出産レポ1:陣痛編はこちら→



3/17 40w3d 入院当日、出産前日
9時
7時に電話した後、入院グッズを再確認して、途中コンビニに寄って飲み物などを買い込んで病院へ。
地味に痛みが強くなってきている気がする。
痛みがきたときは歩くのが辛いので立ち止まるようになっていました。
間隔もいつのまにか5分前後になり、あまりバラつかなくなってきました。

病院へ着いたら、翌日に予定していた妊婦健診を受けることに。
えっ、陣痛きてますけど!?とちょっと戸惑う(;´∀`)
まだまだ産まれるはずないってことなんだろうか…

まずは内診へ。子宮口はまだ2センチでしたorz
先生も、前回とそんなに変わっているようには見えないな〜とのこと。
でもおしるしが出ているのは事実。
今日入院しなくても、近くお産になるでしょうと言われました。
私の内心は「え、ここから帰されるの!?」でした…

お産が近いということで、剃毛されることに。
これには心の準備ができてなくてびっくり!
会陰付近をショリショリされました\(^o^)/

エコーも実施。
BPDは102mm、推定体重は3750g。

で、今日入院したい?と先生に聞かれ。
まだ午前中だし、多分今日中に本格的に陣痛が来るだろうなという確信もあったので、入院することにしました。
この判断をしておいてよかったと後で思うことになります。



10時
NSTを実施。
付き添ってきた母は一度職場に向かうためここで退室しました。
私の様子をみた助産師さんからは、今日の日付では生まれないだろうね〜と言われ、長い戦いなんだな…と遠い目をしてしまいました\(^o^)/
「まだお腹だけが痛いんだよね?腰の方が痛くなったら教えてね!」
腰が痛くなると陣痛が本格的になってきたってことかな?
NST中にちょっとずつ痛みが増し、そもそも少し痛いのがデフォルトでたまに強めの痛みがくるように。

一方旦那は実家へ向かう準備。
到着予定は19時頃なので、明日までかかるかも、と伝えておく。
着いてからも戦いは長そうなので、移動中にしっかり休んでもらうためでした。



11時
NST終了。
弱めの張りと強めの張りがあるが、強めの張りはまだまだ間隔があいているとのこと。
ベッドの上で内診されたものの、子宮口は3センチ。
しかも子宮口が後ろ(背中側)を向いていて、陣痛が進むと子宮口は前を向くらしいので、まだまだだね、と再度言われる\(^o^)/
階段昇降やスクワットをして陣痛促進してね!と言われたので、早速階段昇降を始めることに。

入院着も渡されたのですが、ここで問題発生。
産褥ショーツに履き替える必要があり、私はもともと院内で売っているとパンフレットに書いてあったので、事前には買っていませんでした。
ところが、階段昇降中に見つけた自販機には産褥ショーツの姿はなし\(^o^)/
慌てて外出中の母にお願いして買ってきてもらうことになりました。
分娩セットをもらえるとあったので、その中に入っている可能性もあるな〜まぁ入ってなければ院内で買えばいいか、くらいに思っていました…
分娩セットは産後に渡されるものだということもこのとき初めて知りました。
ちゃんと聞いておけばよかった…

あと、おしるしが出続けるのでナプキンも母にお願いして買ってきてもらいました。
これも入院セットに1パック入れておけばよかったな…



12時
外出していた母も戻り、お昼ごはん。
まだまだ陣痛の合間には余裕があり、ご飯は完食しました。
階段昇降やスクワットを続ける。



14時
入院する部屋がようやく空いたので、個室へ移動。
それまではNSTの部屋で待機していました。
移動後すぐ2回目のNSTへ。
ということでまたもとの部屋へ移動。
個室への移動も、NSTの部屋への移動も陣痛の合間でスタスタ歩けたので、看護師さんにびっくりされました(;´∀`)
明日のお昼までかかるかもね、と脅される( ;∀;)

NST中、痛みがまた強くなってくる。
手すりをを掴んで息を長めに吐かないと逃せないくらいの痛みが7分おきにくるように。
弱めの陣痛を含めたら3分おきくらいでした。



15時
NST終了。
NST終盤では、強めの痛みが4分おきになっていました。
これから夜にかけて陣痛が強くなるので、階段昇降はやめて体力温存しておくように言われる。
実際もう階段昇降は辛いだろうなと思っていたのでありがたく感じました。

部屋に戻ったらお通じがきました。
分娩中に出たらいやだなと思っていたので、少しホッとしました。



16時
痛みが強くなってきて、ベッドで横になって動けなくなってきました。
そのとき、じょろっとした感触が。
生理2日目の夜にナプキンにいっぱい出血した感じに似ています。
ナプキンは昼用でしたし、おしるしがいっぱい出たのかな?と焦ってトイレへ向かうと…
上半身を起こしただけであきらかに液体がナプキンに出る感触が!
やばいぞ!とさらに慌ててトイレへ。
※トイレ付きの個室でよかったです(;´∀`)

トイレへ移動するも、血が混じった液体でナプキン、産褥ショーツが濡れていました。
母にナースコールをしてもらい、私はショーツをはきかえて夜用ナプキンをつけて再びベッドへ。
看護師さんがナプキンを確認したところ、破水とのことでした。

産褥パッドが院内販売されているので、母に買ってきてもらおうとしたところ、看護師さんに薬局で買うことを勧められる。
院内販売は高いから…という理由でした笑
ということで母は再び買い出しへ。
再度ショーツが汚れることを考えて、産褥ショーツももう1セット買ってきてもらうことにしました。
付き添ってもらってて本当によかった…( ;∀;)

破水して動けないので、NSTをその場で受けることに。
その間もどんどん羊水が出て来て下半身が気持ち悪かったです。
陣痛も明らかに強くなってきて、間隔をはかる余裕もなし。
多分4分くらいだったと思います。



17時
NSTは終わって、母が戻るまで1人。
陣痛をのがそうとするたび、羊水が出て来て気持ち悪い。
徐々に腰も痛くなってきました。
母が戻り、産褥パッドをつけるがすぐそれも濡れていくので気持ち悪かったです。



18時
夕食。
食べる余裕がなかったのですが、母が「食べないと!」と半ば無理やり口に突っ込んできました\(^o^)/
3分の1くらいは食べました。
ここで食べといてよかったです…


19時
私が痛がる様子を見た母に、「陣痛の間隔が狭まってない?ナースコールしよう」と言われ、いやいやこんなのまだまだでしょと思う。
前回の内診が3センチだったし、明日の昼までかかるとか言われていたので、こんなので呼んでもまだまだですよって言われるだけだと思っていました。
が、絶対進んでるから呼べと言われ、しぶしぶナースコール。
看護師さんの内診の結果、子宮口8センチΣ(゚Д゚)
急にお産が進むかもしれないからと分娩室へ移動することに。

えっえっ分娩室いくの?
分娩室にいったら2時間くらいで産まれるんじゃないの?
えっ明日の昼までかかるって話は?
と私の頭はプチパニック\(^o^)/

そこにちょうど父に連れられた旦那到着。
旦那もわけがわからないまま、一緒に分娩室へ行くことに。
私はすでに動けないので車椅子で移動。
これはすぐ産まれるかも?と両親も残ることに。
(ここで父も残っていたことに気づくのは出産後でした)

分娩台で色々準備される際、旦那に下半身を見るなと伝える余裕はこのときまだありました。



次回は分娩編を載せたいと思います!



ぽちっとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

拍手[2回]

2017

0318
こんにちは、うさぎです。


母子別室のあいだ暇なので、退院後に書こうと思っていた出産レポをあげます!
ただ、携帯からだと長文を打つのが面倒でヽ(´o`;
中途半端なところで終わってしまうと思いますがご容赦ください。



さてさて、出産レポ第一弾は陣痛編。
予定日から遅れていたこともあり、一体いつ陣痛が始まるんだと日々そわそわしていました。
ということで前日までの様子なども記載していきます!



3/14 40w0d 入院3日前、出産4日前
予定日のためNSTへ。張りは定期的なものの、まだまだ弱いね、という感じ。
ちなみに39w4dの内診では子宮口はまだ1.5cmでした。
この日までにすでに、オロナミンC、リポビタンD、焼肉、カレー、満月のジンクスは試していましたが空振りました笑
ただこの日、母にお腹が随分下がってる!と言われました。
自分だと普段と変わらない感じだったんですが…


3/15 40w1d 入院2日前、出産3日前
朝、臨月に入ってたまに出てくるようになった、白いおりものの塊がありました。
子宮頸管の粘液かな?と勝手に思い、きっと子宮口が広がってるんだ!とわくわく。
日課となっている散歩をしていると、今まで以上に張りが強く、ずっとカチーンという感じだったので、朝のおりものもあってさらに期待が高まりました。
その日はずっと張り気味。
そして夕方にももう一度白いおりものの塊がありました!
これはもう今日でしょ!とわくわくしながら眠りにつくものの…

3/16 40w2d 入院1日前、出産2日前
普通に朝を迎えました笑
わくわくしすぎたのか、30分刻みくらいで目が覚め、あまり熟睡できませんでした。
そしてこの日は1日ずっと胎動が多い!激しい!
お産の兆候として胎動が減るとあるのに、なぜか本当にずっと動きっぱなしでした。
あまりにも動くんで、これはまだまだお産までかかるわ…と諦めモードへ。
寝入るときも、前日までは恥骨に頭突きされたり子宮口がズキーンと痛かったりしたのに、この日はストンと眠れましたorz



そしてここからは陣痛が始まった当日です。



3/17 40w3d 入院当日、出産前日
3時半にふっと目がさめました。
夜目が覚めるのはよくあることなんですが、なんとなく生理痛のような重だるさをお腹に感じました。
今までのお腹の痛みは、子宮口の痛みだったり恥骨の痛み。内側がズーンと重たい懐かしい感じに、もしや?と期待。
生理の始めに少し下痢気味になるタイプなんですが、そのときの痛みにとてもよく似てました。

5時
なんとなく気になってしまって寝付けず、ごろごろしていると生理痛に波があることに気づきます。
今まで、これって陣痛?とそわそわしたときって始まりと終わりがわかりにくくてヽ(´o`;
今回はちゃんと始まりと終わりがわかって、本当に陣痛って周期的なんだ!とびっくりしました。
ただ、間隔は結構バラバラ。長くて20分、短くて9分。

6時
ここまで、不規則なもののずっと生理痛があるので、やっぱ陣痛かな?と思い起きることに。
旦那にも陣痛きたかもと連絡を入れておく。
両親も起きていたので、陣痛きたかもと報告。
母は冷静に、まだ平気そうね、と言っていましたが、父は、おめでとう!とやたら嬉しそう。
まだ生まれてないし、こちとらそこそこ痛いんじゃ!と内心突っ込みました笑
とはいえ、まだまだ痛くても会話もできるレベル。歩けるし…
本当に陣痛かなぁ?とまだ疑っていました。

ところが、トイレに行ったらおしるしが!
おりものに血が混じった感じで、量は多め。
これは陣痛だ!と確信してやたらドキドキしてきました。
朝ごはんを食べながら、9時に病院に電話しようかなぁと思っていました。

7時
1時間様子をみているうちに、バラバラながらも10分は確実に切るように。長くて8分、短くて5分でした。
母にもそろそろ電話してみたら?と言われ電話してみることに。
内心は、まだ会話できるしもっと強くなったらまた連絡しろって言われるんだろうな〜と思ってましたヽ(´o`;

電話では、陣痛の間隔、おしるしの有無、破水の有無、胎動の有無、食欲の有無などを聞かれました。
あとは最後の内心での子宮口の開き具合とか。
話せているので、来てもらっても帰ることになるかもしれないけど9時ごろまでに来てね、と言われ。
ゆっくり準備していくことにしました。
正直、このときは一回帰ることになるかなぁと思ってました!
電話のときといい、待ち望んだ陣痛のはずなのにやたらネガティブな私でした笑
多分、いざ出産が始まるかもと思ったらアワアワしてしまったんだろうと思います。覚悟できていたようでできてなかったんですね〜


続きは入院〜分娩までを書きたいと思います(´∀`*)





ぽちっとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

拍手[3回]

プロフィール
HN:
うさぎ
性別:
女性
職業:
専業主婦
自己紹介:
2015年5月に結婚し、夫の勤務地である東海地方へ。
2017年3月生まれの男の子(こーくん)がいます。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[03/06 かおり]
[03/02 よっちゃん]
[02/20 かおり]
[02/20 かおり]
[02/15 よっちゃん]
PR


忍者ブログ [PR]
* Template by TMP